銀行カードローンを上手に活用しよう

アコム、モビット、プロミス、レイクなど銀行系グループのカードローンのテレビCMを見かけない日はほとんどありません。それぐらい銀行系カードローンが身近になった現在ですが、やはり借入に関してはきちんとした知識を身につけて自分にもっともおすすめカードローンを選ぶよう心がけていきましょう。

その借入れは投資になっている?

銀行ローンで融資を受けるうえで本当にその借り入れが今の自分に必要な事なのかきちんと考える事です。 お金を借り入れてまで必要な物の購入であれば、その購入金額以上のリターンがある事を念頭に置くべきではないでしょうか。 主に買い物には投資、浪費、必要経費の3つの質に分けられると言います。 銀行にお金を借り入れてまで購入するものならば、『投資』となるものに絞るべきですよね。 大きな借入れをしてまで浪費するのは無駄ですし、生活に必要な経費を借入れで賄うというのは問題外です。 その買い物が、将来の自分にとって大きなリターンとなるもの。 それは何も金額によるリターンだけに限らなくても構いません。 家族の幸せであったり、本人の満足感など、精神的なリターンでもOKです。

詳しくはお金の借入方法まとめのほうにも書いてあるのでぜひ参考にしてみてください。

金利の安い銀行でお金を借りましょう

銀行でお金を借りるなら金利の安いところで借入します。銀行での借金はやましいことがないからこそ借りるわけで、住宅ローンなどの高額な借金がほとんどです。少しでもメリットがあるところを選びます。金利を安くしてくれて、その他のにもメリットがあれば最高です。例えばイオン銀行なら、イオンのクレジットカードでお買い物をすれば、5%引きになる特典が付いたりします。高額な借金をする銀行さんからは、なるべく良い条件でお金を借りたいです。

即日借入可能なキャッシングと金利のバランス

銀行でキャッシングを行うときは、いつまでにキャッシングをできるのか大事です。何故なら消費者金融は利益を出すことと会社を発展させることを目的としているからです。アコムやレイクなど現在ではほとんどのカードローン会社が即日キャッシング可能です。金利も国が定めているぎりぎりの金利がほとんどです。それが長所でもあり短所でもあります。そして銀行系カードローンはみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行もありますが、即日キャッシングはできません。銀行は利益もありますが、基本的には労金などといっしょで国民のために貢献をしようとしている銀行です。金利も安いですし、生活費やギャンブル費などの私利私欲にはお金を貸してはくれません。個人商店の開業、住宅ローン、車のローンといった健全な生活を行う上で初めて審査を行ってくれるのです。借りるまでの時間はかかると思いますし、借りるときも高額が多いと思うので、ゆえに借りるまでの期間と、金利が重要となります。

カードローン借入審査時にウソはいけません

銀行からお金を借りるメリットって金利が他よりかなり安いのですが、借入審査が厳しいことで知られています。 しかし借りるための絶対条件というか最も大切なことが1つあります。 仕事についていることもそうなのですが、勤続年数や他の借入額などは、必ず入力したり、記載する項目があると思いますが嘘やサバを読まないことです。 銀行の審査は銀行での借入と他の借入した記録の両方の情報が見られるので、情報に相違があると審査に影響は大きいので、申し込み内容は、虚偽りなく正確に記載しましょう。

銀行から信用を失わないためにも返済は確実に行う

銀行でお金を借りれる人は、ある程度の信用がある人です。だからその信用を壊さないためにも、お金を借りたら返済をしないといけません。毎月きっちりと決まった金額を返済する事が、お金を借りる家で最も大事な事なのです。それができないと、お金を借りる義務はありません。 銀行に信用がないと思われたら、もう二度とお金を貸してはくれないでしょう。だからその信用を壊してはいけないのです。返済だけはきちんと守らないといけないのです。

返済計画をきちんと建ててから借りましょう

多重債務者の方だったり、職業が安定しなかったり、そういう方の場合は分かりませんが、安定した収入がありさえすれば銀行でもお金は貸してくれます。フリーローンなど、使い道が限られていない場合は審査もすごく早いです。ただ、やはり職業の内容に左右されて極度額や利率に有利不利は生まれます。 一番気を付けなければならないのは、「自分がその借金を返しきれるか」ということです。例えば派遣社員で銀行からお金を借りた場合、派遣契約は絶対とは言えないので、いつか契約満了を迎える日が来ると思います。収入が不安定になったときでも返せるだけの余裕が生まれるか(月々の返済額が少なかったとしても、元金が減らないようなら余裕とは言いません)、または借りてもすぐ完済できるだけの額なのか、ということは一番考えるべきところです。安易に5年や7年のローンを組んで、返済への不安やストレスを抱えつつ日々働かなければならないような事態にならないよう、気を付けたほうが良いと思います。

お金を借りるには何かの証明が必要になるのです。

銀行カードローンを受けるうえでは何かの証明が必要になって来ます。 住宅の購入の為なら、働いている証明が必要ですし、源泉徴収が必要になって来ます。 事業を始めようとしている人は、年収は関係なくなるので、必要なモノは貯金額がどれだけあるかになってきます。 銀行は、数字しか見ないと言っても過言ではないくらい、数字に敏感になっています。 貯金通帳に500万円が入っていれば、それが昨日の日付でも、今日の日付でも見せ金として使えます。 これは、いざと言う時に500万円は確実に用意が出来るという証明になるのです。 親に借りることが出来れば、見せ金が必要と言って通帳に入れておきましょう。 お金を借りた後は、返しても問題ありませんが、出来れば自分でお金を貯めた方が、事業も成功すると思います。

軽い気持ちではなく必要な分だけお金を借りる

まずは借りる必要があるお金なのかどうかを考えましょう。遊ぶために欲しい、買い物がしたい、お金がないと不安。そういった理由での借金は身を滅ぼすと考えます。 そしてそう言った理由での借金は絶対に返済できないだろうと思います。 遊ぶために借りる人たちは返済できるという明確なプランがあるのでしょうか? きっとこういう人たちは次の月もお金がなくて困ると思います。 もし何ヶ月後、まとまった手当が入るからそのお金で返済するとしても、それは悪循環であると言え、早く断ち切らなければいけないことです。 もしこの悪循環を起こしているのならば、早めに終わらせるべきです。 そのくらい私は借金について厳しく考えています。

住宅ローンは繰り上げ返済で利息を節約!

一般サラリーマンが銀行から大きな金額を借りるのは住宅ローンがほとんどではないでしょうか。家の購入には一生に一度の買い物といわれるくらい大金がかかりますので、キャッシュで買える人はあまりいないと思います。したがって銀行から借りることになります。低金利時代とはいえ預金金利と比べると住宅ローン金利は高いことには違いありません。たとえば、定期積立預金をしながら、住宅ローンを返済するという行為は金利の差の分ずっと損をすることになります。積立がある程度の金額になったらどんどん住宅ローンを繰り上げして返済することが利息分の節約につながります。これはかなり大きな金額になります。

過去の借入履歴をチェック

銀行は簡単にお金を貸してはくれません。借りて下さいとCM等でもアピールしていますが、それは良いお客様へ向けたメッセージであり、誰でもウェルカムという訳ではありません。銀行はとても審査基準が厳しく、その中で最も重点としているのが、過去の履歴です。携帯電話だろうか家賃だろうが金銭的なトラブルは全てタブーです。車のローン等の審査が通ったとしても銀行のローンは通らないなんて話はザラにあります。そもそも審査するネットワークが違います。その為、只の1回だけ等という甘い考えは捨てて何年も前から延滞等を絶対にしないようにしておく事が1番大事だと考えます。

お金を借りる時は収入が安定していることが大切です

お金を借りる時は安定した仕事に就いている事が大切です。例えばお金を借りたとしてもそれは必ず返済しなければなりません。ですから会社員などを長い間継続していることが大切なのです。 お金を借りる時には金利も考慮しなければなりません。自分の毎月の収入をしっかりと把握して、それに応じた金額を借りるようにする必要があります。返済をすることが出来ないと、保証人の方に迷惑をかけてしまう事にもなります。そのくらいの慎重さは必要です。

高額融資の場合は時間がかかる

銀行で借り入れをすると金利が低い、詐欺に合わない安心感がある等のメリットもありますが、デメリットもあります。 ここで一番気を付けるべき点は、高額借り入れの場合は融資に時間がかかってしまうという事です。 低額ならば即日融資してくれる銀行もありますが、高額の場合は思ったより時間がかかってしまいますので、急いでいる場合はあまり頼りにする事が出来ません。 どうしてもすぐ借りなければいけない、という事情がない場合は良いですが、本日中じゃないといけない場合は他の金融機関で借り入れする方が早いでしょう。

銀行でお金を借りるなら、必ず固定金利で借りましょう。

銀行でお金を借りるうえで住宅ローン 金利は必ず固定金利で借りることです。 普通の人が銀行でお金を借りるとしたらそれはマイホーム購入などの 大掛かりなイベントがあるときでしょう。 つまり、銀行とは長い付き合いになるわけです。 日本の経済が将来どうなるか分からない以上、 長期にわたって変動金利の借金を抱えておくのは危険です。 日本で強烈なインフレが起こって、10年後の金利が80パーセントになったりする事が ないとは言えない以上、かならず固定金利でお金は借りるべきでしょう。

お役立ち銀行